カテゴリー:コンサート

ミンコフスキ/ルーヴル宮音楽隊演奏会

2009年11月6日(金)

11月3日は三宮門下生発表会に参加し演奏した。場所は、東京オペラシティー内の近江楽堂。響きの豊かなすばらしいホールだ。東京オペラシティーに行くのは大変久しぶりで、最近はコンサートにも全く行っていない。と東京オペラシティー内を歩いていると、「ミンコフスキ」のコンサートポスターが目に入った。ミンコフスキと言えばラモー、そのラモーを演奏するコンサートがその2日後の11月5日にある。最近聴いているCDや映像のほとんどがラモーの私はすぐチケットを購入した。

で昨日、11月5日がその演奏会だった。マルク・ミンコフスキ指揮、ルーヴル宮音楽隊のコンサートだ。この組み合わせの映像は、CS放送のクラシカ・ジャパンで録画した、ラモーのガラ・コンサートでよく見ている。

コンサートの開演時間少し前に、ミンコフスキが通訳を連れてステージに現れ、曲順の変更を告げた。こんなことは普通は場内アナウンスで流されるだけなので、少々驚いた。

さて前半の曲は、ラモーのオペラ中の管弦楽曲をミンコフスキが編曲した、「もう一つのサンフォニー・イマジネール」。時間になり団員が入場したが、クラリネットも2人入っている。えっ、なんでラモーにクラリネット?そしてオーボエは、と見ると、バロックオーボエではなくクラシカルオーボエだ。チューニングのAは、確かにバロックピッチではない。

なんと、ラモーをクラシカル楽器で演奏するのだ。こんな演奏は聞いたことがない。期待が高まる。そして音楽が始まった。音が、音楽が、やけにすっきりしていることにすぐ気が付いた。この理由は明らかで、木管楽器がバロック楽器ではなくクラシカル楽器と、バロックより進歩した楽器だからだ。ただ、弦楽器はバロック弓を使用していた。(ラモーなので当然か。)

ミンコフスキの音楽は、ミンコフスキ自身が音楽を非常に楽しみながら演奏していることがよくわかり、実に楽しい演奏だった。また音楽も音量も変化に富み、多彩な音楽だった。クラリネットも一部の曲に入っていたが、クラリネットが好きでない私にも違和感は全然無かった。(そのクラリネットに楽器の事故があったのは残念だったが。)またミンコフスキはサービス精神が旺盛で、ときおり客席を向いて短く、かつ日本語の単語を交えて曲の紹介を行った。またオケの技術は極めて高く、かなり速いテンポをものともせず演奏していた。

私の好きなラモーの音楽を、クラシカル楽器で聴くという大変稀なチャンスに遭遇し、かつ演奏もすばらしく満足した。

後半は、モーツァルトのボストホルンセレナーデ。この曲は弦楽器は(当然)クラシカル弓で演奏していた。さてこの曲は私は2回演奏したことがあるが、木管楽器にとってはコンツェルタンテといえる箇所もあり、演奏して実に楽しい曲だ。音楽を楽しみながら指揮するミンコフスキなので、愉悦に富んだ演奏だった。そして、仰天する演出があった。

この曲の名前のとおり、ポストホルンで演奏する箇所がある。ポストホルンという名称だが通常はラッパ奏者が演奏する。この演奏する箇所の直前、ラッパ奏者がステージからいったん退出した。てっきり、舞台裏かバルコニーでポストホルンを演奏するのか、と思ったが、その予想は全くはずれた。郵便配達夫の格好をしたラッパ奏者が、郵便配達用の赤い自転車にまたがりポストホルンを吹きながらステージに登場したのだ。自転車をこぎながらなのにポストホルンの音はまったく揺れず、見事な演奏。そしてもっと見事なのは、自転車の乗り方。普通片手運転で極めてゆっくり自転車をこげば、かなりふらつくのは当然だ。ところが当のラッパ氏、ステージの狭い空間を自転車でゆっくりまっすぐにふらつかずに乗る。この自転車の乗り方は、かなり自転車に慣れた人だろう。そして、ヴァイオリンの女性に手紙を渡し、ステージ端まで行って戻ってくると、指揮台付近でベルをチリンチリン鳴らし、小包をミンコフスキに渡す、という演出まであった。最後に音をちょっとはずしはしたが、そのような演出にもかからわず見事にポストホルンを吹ききった。

ここは曲の途中だが、拍手で応えたいところだ。しかし大人しい聴衆から拍手のなかったことは大変残念だった。先のラモーもそうだが、ミンコフスキはそのような聴衆の反応、コミュニケーションを待っていたように思うからだ。

さてここで、オーボエについて述べる。この演奏会で1stオーボエを吹いたEmmanuel Laporte氏の名前は私は知らないが、極めて上手い人だ。演奏した楽器は、なんと2キーのクラシカルオーボエなのだ。2キーのクラシカルオーボエは私の知る中で、最も難しいオーボエ属楽器だ。バロックオーボエの10倍難しい楽器、と思う。一番難しいのは、上の音を出すポイントが非常に狭いためちょっと油断するとオクターブ下に落ちてしまう、ということ。バロック時代より音の華麗さが求められた古典時代、オーボエの内径は細くなって行き設計は変わって行った。その過渡期の楽器が、この2キークラシカルオーボエだ。この難しさのため、1800年以降はオーボエにどんどんキーが付加され、現在のモダンオーボエに至るのだ。さてその最も難しい楽器をもってして、件のLaporte氏はほとんどはずさなかった。私が認識したのは、ハイDで2回、ハイAで1回失敗しただけ。この難しい曲でそれしかはずさないのは神業としか言いようが無い。音色は、普通のクラシカルオーボエとはかなり異なる、モダンオーボエに近い音色だ。そして音量は小さいのによく聞こえるという、たとえればモダンオーボエのシェレンベルガーのような奏法だ。

このLaporte氏の奏法を、私なりに分析すると、次のようになる。2キークラシカルオーボエで上の音が落ちないようにするにはかなりの息のスピードが必要。弱音でも息のスピードを保つために、かなり小さなリードでかつリードの下側の振動を止めるようにして吹いているのではないだろうか。要するに、リードをあまり鳴らないようにして速い息を送ることで落ちることを防ぎ、また良い音色を保っているのではないだろうか。まあ、下手な私が超一流のクラシカルオーボエ奏者を分析しても分析しきれるものではないが。

ということでこの演奏会、楽しく、高い技術に驚嘆し、実に満足した。このような楽しい気持ちで帰途に着いたのは本当に久しぶりの体験だった。

30年前の亡霊

2009年8月30日(日)

私は学生時代にオーボエを始めて以来、室内楽を多数演奏してきた。特にフランス物、その中でもジャン・フランセの作品は非常に好きだった。バロックオーボエの音楽活動がメインの今も、フランセは好きな作曲家だ。

昔話になるが、学生時代の最後に、やはりフランス音楽が好きな大学オケ木管の連中と室内楽演奏会を開いた。もう30数年前の話だ。フランスの木管室内楽の作曲家作品を並べた、意欲的コンサート、ではなく、無謀なコンサート。いまそのプログラムを見ると、その無謀さに驚く。このプログラムだ。私はこれらの曲のうち、一番難しい、フランセの四重奏曲と、イベールの五重奏曲「3つの小品」を演奏した。まだオーボエを始めて数年でこれら難曲とは、コンサート企画だけでなく私自身も無謀の一言だ。

なぜこのような昔話がこの記事のテーマかというと、その演奏会の録音を、その演奏会発起人の一人である後輩がブログで公開してしまったからなのだ。それも、演奏はYouTubeで全世界に公開。フランセ/木管四重奏曲イベール/五重奏曲「3つの小品」だ。

これらの録音は私もカセットテープで持ってはいたがもう数十年聞いていない。で、久しぶりに自分の演奏を聞いて、かなり驚いた。自分たちの演奏にこのように言うのはおこがましいが、特にフランセは30年前当時のアマチュアレベルよりはかなり上の演奏かもしれない。アンサンブル力・技術力はかなりあり、勉強はそこそこにいかに練習したか、が良くわかる。そして自分自身の演奏についても、30年前の私は今よりも指は回り、リズムは正確、音色は素直なのだ。この30年、ちょっとはうまくなった部分もあるが、根本はあまり変わっていないのだ。

いま思い返すと、この30数年前の演奏会の日をもって、私の人生とオーボエは「冬の時代」に突入した、という気がする。前者はさておいて、私のオーボエが「冬の時代」とは次の意味だ。

この録音のとおり、昔の私の音色は非常に素直な音だった。それもそのはず、その当時の師匠は井口博之師だったからだ。井口師はバロックオーボエ大御所のJ.シェフトラインの弟子。なので、井口師の奏法は、ギトギトしたドイツ奏法の正反対の、浅いアンブシュアの清楚な音色。その奏法は、シェフトライン直伝のバロックオーボエ奏法的部分もあったに違いない。私もその教えを守り、清楚とは言わないまでも録音のとおりの素直な音色だった。ところがこの後に市民オケに入団したところ、この音では全然通用しなかったのだ。特に音量が。周りの木管が野太い、時としては荒い音のため、こちらもそのように吹かないと対抗できないのだ。また当時のアマチュアオケでは、ドイツ的な音を出さないとオーボエ吹きとして評価が低かったこともある。そのためアンブシュアのポイントはどんどん深くなり、結果として表現力はゼロ、音は硬い、dimでぶら下がる、アタックは汚い、音程は悪い、となってしまったのだ。(もちろん悪いのは井口流奏法ではなく、教わった奏法を守らず我流に走った私であることは言うまでもない。)このどうしようもない下手な時代、私にとってのオーボエ冬の時代はバロックオーボエを始めるまで続いた。現在のバロックオーボエの師匠、三宮師に私の数多い欠点を矯正していただき、やっと「冬の時代」から脱出できたように思う。(まだまだ駄目な部分はたくさん残っているが。)

と、そのようにいろいろなことを考えさせられた30年前の亡霊だった。

出演した演奏会(2)

2008年5月22日(木)

前回の記事出演した演奏会(1)の続編である。今年2回目に出演した演奏会は次の演奏会である。

[タイトル]Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ> Vol.238
2008年4月12日(土)

[曲目]
J.S.バッハ カンタータ85<わたしは善き羊飼い>
F.シューベルト<神はわが牧者>
H.ディストラー<喜びに満ち、そして優しく>
A.クナープ<復活によせる聖母の喜び>

[会場]日本キリスト教団 本郷教会礼拝堂(東京・上荻)

[指揮] 淡野太郎/淡野弓子
[独唱]
アルト  淡野弓子
テノール 依田卓
バリトン 淡野太郎

[オーケストラ]ユビキタス・バッハ
[合唱]ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京、アンサンブル・アクアリウス

この団体に私は原則としてバロックオーボエ(モダンピッチ)で参加していた。「いた」と過去形なのは、もう1年半くらい出演していないからだ。久しぶりに参加したのだがバロックオーボエではなくモダンオーボエで参加した。

この演奏会の1週間前に、同じシリーズの演奏会

Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ> Vol.237

があり、私はそれを久しぶりに聞きに行った。そのとき指揮者から、1週後の演奏会のオーボエメンバーがひとり決まっていないとのことで出演要請があった。ずっと出演していないとはいえ私はメンバー。人がいないと聞いて断ることはできない。すぐに引き受け、楽譜をその場でもらった。なんとその翌日が唯一の練習日で、1週間後が本番である。以前書いたようにバロックオーボエはモダンの数倍難しいため、モダンオーボエで出演することにした。

その日はメンバーと飲み、夜遅く帰宅。翌朝ちょっとだけ個人練習し、午後全体練習というハードスケジュール。

私が吹いた曲はカンタータ85番の2ndオーボエである。3曲目がオーボエ2本のオブリガートソロ。オーボエの相棒は音色が非常に綺麗な人のため、私は数週間前に演奏したフランセとは全く異なる奏法・音色で演奏した。本番は、ちょっと装飾をいれてみたりバロック的に音をふくらましてみたり結構遊ぶことができ、実に楽しい本番だった。本番で演奏していて楽しいという経験はそうあるものではない。

さてこの曲(カンタータ85番)には後日談がある。この数週後にあったバロックオーボエのS師匠のレッスンでこの曲をレッスンしてもらった。私が演奏しなかった1曲目を含めてのレッスン。幸運にも師匠は1年くらい前にBCJでこの曲を演奏したそうだ。そのためかレッスンは厳密で、その1曲目の1段目の数小節に1時間近くを要してしまった。一番の問題は「金太郎飴」。つまり、私はバロックオーボエを吹いているのにモダンオーボエ的な均一な演奏、ということだった。(「均一」が即ち「金太郎飴」ということ。)モダンでこの曲を吹いた後遺症が残っていたようだ。

出演した演奏会(1)

2008年5月17日(土)

細々とアマチュア音楽活動している私は、出演する演奏会はそう多くない。せいぜい年に4、5回といったところか。そしてバロックオーボエをメイン活動にしているため、バロックオーボエの演奏会がほとんどで、モダンオーボエで出演する演奏会は久しくなかった。

ところが、今年に入り出演した演奏会が2回あったが、なんとどちらもモダンオーボエ。

その今年最初の演奏会が3月にあった。Esprits du Vent(エスプリ・デュ・ヴァン)という木管アンサンブルの演奏会である。

その演奏会で、私は

ジャン・フランセ/オーボエ、ファゴット、ピアノのための三重奏曲

という曲を演奏した。この曲は1994年に作曲された曲で、フランセ晩年の作品である。バロック人間の私にとって好きな作曲家はJ.S.バッハを始めとするバロックの作曲家達だが、その次はフランス近代の作曲家だ。その中でもとりわけ、ジャン・フランセは私の好きな作曲家である。フランセの作品は演奏の非常に難しい曲が多いのだが、今回の曲もご多分に漏れず超難曲だった。

昨年の11月にバロックオーボエの発表会があり、その後はこのフランセに専念するためにバロックオーボエを絶ち、ひたすらモダンオーボエを練習した日々だった。ひたすらメトロノーム相手に、Des-dur、H-durのスケールやら曲中の難しいフレーズの練習のうんざりするような日々。しかしアマチュアの私、それも、指が回らない、舌が遅い、音程悪い、音色悪いの四重苦の私がちょっとくらい練習しても、曲が難し過ぎた。

この曲の他のメンバーも良く練習する人たちで、合わせ練習では毎回のアンサンブルの上達がわかり、楽しい練習だった。曲が難しいため、この曲のみの3時間の合わせ練習を計10回ほど行った。ひとつの曲の練習量としては、合わせ練習・個人練習とも私の音楽歴で最も練習した曲だった。

結果は、「アマチュアの演奏としては」という前提付きで好評ではあった。しかし私としては、私個人としてもアンサンブルとしてももっと上のレベルを目指しておりそれはできなかった。この曲、今後機会のあるたびに再チャレンジしてさらに上のレベルを目指したい。

 
サブタイトル カレンダー

 

2017 年 8 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
秘書
サブタイトル profile

 

職業はソフトウェアエンジニア。趣味はバロックオーボエとモダンオーボエ演奏。このブログでは、Python・Go・Scala言語、そのWEBアプリケーションフレームワーク、そしてバロックオーボエ・クラシカルオーボエの話題を中心に書いて参ります。

サブタイトル 検索

 

サブタイトル 最近のトラックバック

 


QLOOK ANALYTICS