カテゴリー:TurboGears

TurboGearsインストール時問題

2008年5月6日(火)

TurboGearsをインストールし、TurboGearsのプロジェクトを作成するコマンドである

> tg-admin quickstart
を実行したところ、

Cannot find Python executable C:\Program

というエラーメッセージが表示されてしまう。もちろん、tg-admin.exeにパスは通っている。

試行錯誤やネット調査の結果、原因がわかった。それは \Python25\Scripts\tg-admin-script.py の1行目。私の環境ではPython2.5は C:\Program Files\Python25\
ディレクトリ下に存在しているので、インストールされた上記tg-admin-script.pyの1行目は

#!”C:\Program Files\Python25\python.exe”

となっている。これを

#!”C:\progra~1\Python25\python.exe”

と、空白を含まないパスにしたところ、正常に動作した。

詳しく説明すると、この1行目のPythonパス指定に
\Program Files\
のように空白を含んではいけない、ということだ。従って、\Program Files\ を懐かしきDOS時代のショート形式の
\progra~1\
にしなければならないのだ。

同じファイルに対してロング名とショート名の2つのファイル名が存在したこと、そしてその前の時代のMS-DOSやCP/M(懐かしい!!)ではファイル名の最大が8文字、拡張子が最大3文字、という制限があったことは、いまや忘却の彼方だ。(と同時に、私の歳がバレる。。。)

TurboGears環境

2008年5月5日(月)

今後、Python言語によるWEBアプリケーションフレームワークであるTuroGearsについて私が躓いたところ等をTipsとして書いて行く。ちなみに私は、そもそもC++/Java技術者でありLIGHTWEIGHT言語はPythonが初めてなので、LIGHTWEIGHT言語に慣れたかたとは違うところで引っかかることも多いかもしれない。

私のPython/TurboGears環境は次のとおりである。(最新のものではないが、現在稼動中のプロジェクトがあるためバージョンアップできないでいる。)

OS: Windows XP (SP2)
Python: 2.5.1
TurboGears: 1.0.2.2
テンプレート:Kid(TurboGears標準)
ORM: SQLObject(TurboGears標準)

開発環境: Eclipse3.2.1上のPyDev1.3.2

本当は、テンプレートはGenshi、ORMはSQLAlchemyを使ってみたいが、先ずはTurboGearsに慣れるのが先なので、TurboGears標準のKidとSQLObjectを使用している。

また、C++/Java屋である私は統合開発環境(IDE)が必要であり、機能的にはかなり不満ながらEclipse+PyDevを使用している。このあたりは、純粋なPython技術者とは違うかもしれない。純粋なPython技術者がIDEを何故嫌うのか私は理解できないが、純粋なPython技術者側もIDEの利点が理解不能らしい。このあたりは論理を超えた「宗教」論争かもしれない。

 
サブタイトル カレンダー

 

2017 年 8 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
秘書
サブタイトル profile

 

職業はソフトウェアエンジニア。趣味はバロックオーボエとモダンオーボエ演奏。このブログでは、Python・Go・Scala言語、そのWEBアプリケーションフレームワーク、そしてバロックオーボエ・クラシカルオーボエの話題を中心に書いて参ります。

サブタイトル 検索

 

サブタイトル 最近のトラックバック

 


QLOOK ANALYTICS