月別:5 月2008年

IE6とIE7の共存

2008年5月23日(金)

先週の記事 WindowsXP SP3再起動問題のとおり、新マシンにWindowsXP SP3をインストールした。ブラウザは、最新のInternet Explorer7(以下IE7)にバージョンアップ。当社では初めてのIE7だ。歴代のInternet Explorerは標準と異なる動作があり、IE6からIE7のバージョンアップで何らかの問題が発生することは予想していたが、やはり発生した。なんと会社のホームページの画像がずれて表示されている。IE6では<img>タグで画像を隙間無く並べようとしたとき、他のブラウザでは発生しない隙間ができてしまう問題があり、少々姑息な手段(いわゆるCSSハック)で対応していた。その部分がIE7ではNGとなっている。

IE7をインストールしたIE7は私のマシンではない。私の開発マシンにIE7をインストールする必要があるが、IE6も残しておきたい。しかし、IE6とIE7を共存することは不可で、IE6をIE7にバージョンアップしたら共存どころかIE6には戻れない。

なにか良い手立ては無いものかとネットを探したところ、次の2つの方法があった。
1.スタンドアローンIE7
VelocIT Toolsというサイトの”IE7 Standalone”である。これはまさにスタンドアローンであり、IE6と共存できるらしい。早速ダウンロードし、インストールしようと試みた。このソフトの面白いところは、マイクロソフトからIE7をダウンロードし、それはインストールせずに”IE7 Standalone”ディレクトリにコピーし、”IE7 Standalone”のインストーラを走らせる、という点だ。早速試みたが、マイクロソフトからダウンロードするIE7は英語版を想定しており、日本語版IE7ではメッセージが出てインストールできなかった。

2.MultipleIE
MultipleIEというフリーソフトだ。これは、E3, IE4.01, IE5, IE5.5, IE6 が同梱されており、IEの好きなバージョンをインストールできる。早速、私の開発マシン(Windows XP SP2, IE6)にMultipleIEのIE5, IE5.5, IE6をインストールしてみた。

これは上手く行った。インストールした3つのバージョンが別々に動作する。メニューは英語だが、何の設定も不要で、そのまま日本語のサイトが表示できる。

様々なサイトを表示させてテストし、このソフトは問題なく使えることがわかった。そこで、私のマシンをIE7にバージョンアップした。IE7にバージョンアップ後も、MultipleIEは問題なく動作している。

いや、取るに足りない問題はあった。IE7バージョンアップ後のMultipleIEのIE6で、”Favorites”ボタンを押下すると左サイドバーに以前のIE6と同じ「お気に入り」リンクリストが表示される。そのリンクのひとつをクリックすると、なんとWindowsの「印刷」ダイアログが出て来てしまう。まあこれはキャンセルすれば良いし、そもそもMultipleIEのIE6で「お気に入り」を表示させなければよいのだから、このバグには目をつぶることにした。

なお少し気になることはある。それはMultipleIEの動作の問題ではなく著作権の問題だ。インストールされたMultipleIEディレクトリ中を見ると、各バージョンのIEと関連DLL(どうみてもマイクロソフト製)が格納されている。これは、未確認だがIEのライセンス違反になるかもしれない。

とはいえ、複数バージョンのIEを共存することができた。早速会社のホームページを修正し、IE6,IE7で正常に表示させることができるようになった。

これを機会に、サイトチェック用に他のブラウザもインストールした。今後、WEBアプリ開発時は次のブラウザでチェックすることにした。(ちなみに私のメインブラウザはFireFoxだ。)

・Windows
(1)FireFox
(2)IE6
(3)IE7
(4)Opera
(5)Safari

・Linux
(1)FireFox(Windows版FireFoxとは同一バージョンでも異なる動きの場合があった。)

本来はこの他にMac上でのIEとSafariが必要だろうがMacは所有していない。買っても他に使い道が無いので。。。

それから、IE5.5以前はユーザが少ないことが予想されるため無視することにした。

出演した演奏会(2)

2008年5月22日(木)

前回の記事出演した演奏会(1)の続編である。今年2回目に出演した演奏会は次の演奏会である。

[タイトル]Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ> Vol.238
2008年4月12日(土)

[曲目]
J.S.バッハ カンタータ85<わたしは善き羊飼い>
F.シューベルト<神はわが牧者>
H.ディストラー<喜びに満ち、そして優しく>
A.クナープ<復活によせる聖母の喜び>

[会場]日本キリスト教団 本郷教会礼拝堂(東京・上荻)

[指揮] 淡野太郎/淡野弓子
[独唱]
アルト  淡野弓子
テノール 依田卓
バリトン 淡野太郎

[オーケストラ]ユビキタス・バッハ
[合唱]ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京、アンサンブル・アクアリウス

この団体に私は原則としてバロックオーボエ(モダンピッチ)で参加していた。「いた」と過去形なのは、もう1年半くらい出演していないからだ。久しぶりに参加したのだがバロックオーボエではなくモダンオーボエで参加した。

この演奏会の1週間前に、同じシリーズの演奏会

Soli Deo Gloria<賛美と祈りの夕べ> Vol.237

があり、私はそれを久しぶりに聞きに行った。そのとき指揮者から、1週後の演奏会のオーボエメンバーがひとり決まっていないとのことで出演要請があった。ずっと出演していないとはいえ私はメンバー。人がいないと聞いて断ることはできない。すぐに引き受け、楽譜をその場でもらった。なんとその翌日が唯一の練習日で、1週間後が本番である。以前書いたようにバロックオーボエはモダンの数倍難しいため、モダンオーボエで出演することにした。

その日はメンバーと飲み、夜遅く帰宅。翌朝ちょっとだけ個人練習し、午後全体練習というハードスケジュール。

私が吹いた曲はカンタータ85番の2ndオーボエである。3曲目がオーボエ2本のオブリガートソロ。オーボエの相棒は音色が非常に綺麗な人のため、私は数週間前に演奏したフランセとは全く異なる奏法・音色で演奏した。本番は、ちょっと装飾をいれてみたりバロック的に音をふくらましてみたり結構遊ぶことができ、実に楽しい本番だった。本番で演奏していて楽しいという経験はそうあるものではない。

さてこの曲(カンタータ85番)には後日談がある。この数週後にあったバロックオーボエのS師匠のレッスンでこの曲をレッスンしてもらった。私が演奏しなかった1曲目を含めてのレッスン。幸運にも師匠は1年くらい前にBCJでこの曲を演奏したそうだ。そのためかレッスンは厳密で、その1曲目の1段目の数小節に1時間近くを要してしまった。一番の問題は「金太郎飴」。つまり、私はバロックオーボエを吹いているのにモダンオーボエ的な均一な演奏、ということだった。(「均一」が即ち「金太郎飴」ということ。)モダンでこの曲を吹いた後遺症が残っていたようだ。

出演した演奏会(1)

2008年5月17日(土)

細々とアマチュア音楽活動している私は、出演する演奏会はそう多くない。せいぜい年に4、5回といったところか。そしてバロックオーボエをメイン活動にしているため、バロックオーボエの演奏会がほとんどで、モダンオーボエで出演する演奏会は久しくなかった。

ところが、今年に入り出演した演奏会が2回あったが、なんとどちらもモダンオーボエ。

その今年最初の演奏会が3月にあった。Esprits du Vent(エスプリ・デュ・ヴァン)という木管アンサンブルの演奏会である。

その演奏会で、私は

ジャン・フランセ/オーボエ、ファゴット、ピアノのための三重奏曲

という曲を演奏した。この曲は1994年に作曲された曲で、フランセ晩年の作品である。バロック人間の私にとって好きな作曲家はJ.S.バッハを始めとするバロックの作曲家達だが、その次はフランス近代の作曲家だ。その中でもとりわけ、ジャン・フランセは私の好きな作曲家である。フランセの作品は演奏の非常に難しい曲が多いのだが、今回の曲もご多分に漏れず超難曲だった。

昨年の11月にバロックオーボエの発表会があり、その後はこのフランセに専念するためにバロックオーボエを絶ち、ひたすらモダンオーボエを練習した日々だった。ひたすらメトロノーム相手に、Des-dur、H-durのスケールやら曲中の難しいフレーズの練習のうんざりするような日々。しかしアマチュアの私、それも、指が回らない、舌が遅い、音程悪い、音色悪いの四重苦の私がちょっとくらい練習しても、曲が難し過ぎた。

この曲の他のメンバーも良く練習する人たちで、合わせ練習では毎回のアンサンブルの上達がわかり、楽しい練習だった。曲が難しいため、この曲のみの3時間の合わせ練習を計10回ほど行った。ひとつの曲の練習量としては、合わせ練習・個人練習とも私の音楽歴で最も練習した曲だった。

結果は、「アマチュアの演奏としては」という前提付きで好評ではあった。しかし私としては、私個人としてもアンサンブルとしてももっと上のレベルを目指しておりそれはできなかった。この曲、今後機会のあるたびに再チャレンジしてさらに上のレベルを目指したい。

WindowsXP SP3再起動問題

2008年5月16日(金)

今週前半、新パソコンにWindowsXPをインストールした。若干の問題はあったがインストールは正常に終了。次にWindowsを最新の状態にするため、Windows Updateを実行した。かなりの時間を要したが、Updateは正常に終了し、再起動。ところが、再起動後にログインしてもまた自動的に再起動される。何度ログインしても再起動の無限ループ。

インストールの過程で種々ドライバのインストールでトラブったため、ドライバの問題かもしれないと仮説を立てた。そしてやむなくWindowxの再インストールを行った。インストール後、最低限のドライバのみインストールし、Windows Updateを実行。今度はうまく行った。正常にログインできた。そして残りのドライバをインストールし、すべてOKと相成った。

この問題、前記のようにてっきりドライバの問題と思ったが、実はそうではなかった。次の記事を偶然見つけた。Windows XP SP3、今度はエンドレス再起動の問題生じるという記事である。

今回実行したWindows Updateでは、最新のService Pack(SP)3がインストールされた。そのSP3の問題だったのだ。

原因についてはWindows XP SP3の不具合続くに詳しい。次のとおりだ。

この問題は、HPやそのほかのOEMベンダーが、Intelベースのマシンで使われたのと同じイメージファイルをAMDベースのマシンに使用したケースで起きると記している。こういったマシンにSP3を導入すると、再起動を繰り返すなどの不具合が発生する。

「IntelとAMD用のイメージは同じであるため、どちらのシステムにもintelppm.sysドライバがインストールされ、動作している」とジョハンソン氏は記している。「このドライバはIntelベースのコンピュータで電力管理機能を提供する。AMDベースのコンピュータでは、 amdk8.sysが同じ機能を提供する。MicrosoftはKnowledge Baseの記事の中で、同一コンピュータに両方のドライバをインストールするのはサポート対象外の構成であり、そのイメージを採用したOEMに責任があると指摘している」

 「通常は、AMDベースのコンピュータ上でintelppm.sysを動作させても問題は起きないようだ。しかし、サービスパックをインストールした後の最初の再起動の際に大きな問題が発生する。コンピュータが起動できなくなるか、わたしの場合のように、0×0000007eのSTOPエラーコードを表示してクラッシュする」とジョハンソン氏は付け加えている。

そう、問題の起きたパソコンはCPUがAMDなのだ。上記中で

同一コンピュータに両方のドライバをインストールするのはサポート対象外の構成であり、そのイメージを採用したOEMに責任がある

と、責任はマイクロソフトには無いような発言があるが、それは違う。私がインストールしたWindowsはOEMではなくマイクロソフト純正だからだ。

上記記事の別の箇所で

さらにホイットマン氏は「この問題の影響を受けたシステムの数はわずかだ」と付け加えた。

とのこと。そうだろうか。それはともかく、滅多に発生しないとマイクロソフトが認識していることが私のマシンで発生したことは確かだ。そして、私はいままでWidowsの何倍もLinuxのインストールをしているがLinuxではインストール時に問題の発生したことはほとんどなかった、ということも付け加えておかなければならない。

spamメールの嵐

2008年5月15日(木)

今日はspamメールの嵐だった。1日で約1,000通を超えるのではないか。朝一番にメールを受信すると約350通のspamから始まった。ただ、これは通常のspamメールではない。ほとんどすべてがメールサーバからのエラーメールなのだ。つまりこういうことだ。

謎の人物Xが私のメールアドレスを騙り、おそらく数千のspamメールを世界に発信したのだ。相手先メールアドレスには存在しないメールアドレスが含まれており、そのメールサーバからご丁寧に「メールアドレスが存在しない」エラーメールが形式上の差出人の私宛てに送信された、という次第。

私はメールフィルタソフトPOPFileを社内サーバのLinux機にインストールして使用している。このPOPFileがメールに付けたspamマークのあるメールはダウンロードせずに即サーバから削除する設定になっているので、今回の事件で私のメールクライアントソフトのフォルダがspamメールで溢れるような実害はなかった。しかし、私のメールアドレスを差出人として世界中に数千のspamメールがバラ撒かれたとは、実に不愉快な話である。

ちなみにそのメールフィルタソフトPOPFileはもう4年使用している。その間の総受信数は約4万5千メール。検出精度は99.86%、つまり誤った検出は0.14%ということになるので、結構優秀なフィルタソフトだと思う。ちなみに受信した75%はspamメールだった。これを敷衍すれば、ネットを流れるメールの4分の3はspamということになる。この世にspamメールなかりせば、いかにネットは軽くならまし。

TurboGearsインストール時問題

2008年5月6日(火)

TurboGearsをインストールし、TurboGearsのプロジェクトを作成するコマンドである

> tg-admin quickstart
を実行したところ、

Cannot find Python executable C:\Program

というエラーメッセージが表示されてしまう。もちろん、tg-admin.exeにパスは通っている。

試行錯誤やネット調査の結果、原因がわかった。それは \Python25\Scripts\tg-admin-script.py の1行目。私の環境ではPython2.5は C:\Program Files\Python25\
ディレクトリ下に存在しているので、インストールされた上記tg-admin-script.pyの1行目は

#!”C:\Program Files\Python25\python.exe”

となっている。これを

#!”C:\progra~1\Python25\python.exe”

と、空白を含まないパスにしたところ、正常に動作した。

詳しく説明すると、この1行目のPythonパス指定に
\Program Files\
のように空白を含んではいけない、ということだ。従って、\Program Files\ を懐かしきDOS時代のショート形式の
\progra~1\
にしなければならないのだ。

同じファイルに対してロング名とショート名の2つのファイル名が存在したこと、そしてその前の時代のMS-DOSやCP/M(懐かしい!!)ではファイル名の最大が8文字、拡張子が最大3文字、という制限があったことは、いまや忘却の彼方だ。(と同時に、私の歳がバレる。。。)

TurboGears環境

2008年5月5日(月)

今後、Python言語によるWEBアプリケーションフレームワークであるTuroGearsについて私が躓いたところ等をTipsとして書いて行く。ちなみに私は、そもそもC++/Java技術者でありLIGHTWEIGHT言語はPythonが初めてなので、LIGHTWEIGHT言語に慣れたかたとは違うところで引っかかることも多いかもしれない。

私のPython/TurboGears環境は次のとおりである。(最新のものではないが、現在稼動中のプロジェクトがあるためバージョンアップできないでいる。)

OS: Windows XP (SP2)
Python: 2.5.1
TurboGears: 1.0.2.2
テンプレート:Kid(TurboGears標準)
ORM: SQLObject(TurboGears標準)

開発環境: Eclipse3.2.1上のPyDev1.3.2

本当は、テンプレートはGenshi、ORMはSQLAlchemyを使ってみたいが、先ずはTurboGearsに慣れるのが先なので、TurboGears標準のKidとSQLObjectを使用している。

また、C++/Java屋である私は統合開発環境(IDE)が必要であり、機能的にはかなり不満ながらEclipse+PyDevを使用している。このあたりは、純粋なPython技術者とは違うかもしれない。純粋なPython技術者がIDEを何故嫌うのか私は理解できないが、純粋なPython技術者側もIDEの利点が理解不能らしい。このあたりは論理を超えた「宗教」論争かもしれない。

難しいオーボエの私

2008年5月4日(日)

オーボエという楽器は習得が難しい楽器、とされている。オーケストラの技量を計るにはオーボエとホルンの腕前を見よ、という格言もある。オーボエとホルンのレベルでそのオーケストラのレベルがだいたいわかる、ということである。ちなみにここで言うオーボエは、モダンオーボエのことである。

私はこの考えには少々異論があり、モダンオーボエの難易度は他の木管楽器とほとんど同一、と思っている。確かにオーボエは良い音を良い音程で出すのは他木管楽器より少し難しいかもしれない。でも最近は音が柔らかく音程の良い楽器が売られている。リードも他楽器よりは大変かもしれないが、市販の良いリードもある。そして、他木管楽器、特にフルート・クラリネットは、オーボエよりは音色・音程を作るのは楽だろうが、オーボエよりは速いパッセージや速いタンギングが要求される楽器なのでその練習時間を考えると、楽器の難易度はどの木管楽器もそれほど変わらないような気がしている。

ちなみに楽器の難易度とは、ある一定のレベルに到達するまでに必要な練習時間、と考えている。

私はモダンオーボエは、ん十年やってきた。そしてバロックオーボエは5年ちょっと。私の経験では、バロックオーボエはモダンオーボエの3倍くらい難しいように思う。

そのバロックオーボエ属楽器の中では、普通のバロックオーボエよりはバロック・オーボエ・ダモーレのほうが少し難しい。これは、バロック・オーボエダモーレは普通のバロックオーボエよりサイズが少し大きいので、指がトーンホールからずれて完全に塞げないことがあることに起因する。低次元の問題と思われるかもしれないが、指が固くなってしまった晩学のオジサンには辛い問題だ。

そして、バロックオーボエ系楽器で最も難しい楽器が他にある。それは、2キーのクラシカル・オーボエだ。バロックオーボエのキーは、C,Esの2キーだ。バロックの時代からハイドン・モーツァルトの古典時代になると、オーボエには音色に輝かしさと強さが要求されるようになった。その要求に応えるため、オーボエの内径は細くなっていった。外側の形状も変化していった。その初期の2キークラシカルオーボエ、この楽器の難しさはハンパではない。真ん中のFisから上のA付近の音がきちんと鳴るポイントがピンポイント。ポイントからちょっとでもずれると音はオクターヴ下に落ちてしまう。特に弱音の難しさ!!一番難しい上のAのppで演奏する成功確率は、替え指を使わないと1割以下だろう。その難しさゆえに、クラシカルオーボエはどんどんキーが増えていった。私のクラシカルオーボエは7キー、S師匠の楽器は9キー。増えたキーのうち、私にとってもっともありがたいキーは、オクターブキーだ。これを押せばppであっても上の音が下に落ちることは無くなる。

ということで、オーボエ属楽器の中で最も難しい楽器は、2キークラシカルオーボエと思う。その楽器でモーツァルトやボクサのオーボエ四重奏曲をCDで出している本間正史氏の腕前には驚嘆する。ちなみに以前、ハイドンのオラトリオの映像を見たが、オーボエのポンセール氏の楽器は一見2キーだったが、左手親指の動きからしてオクターヴキーは付いていたようだ。

不器用なくせに難しい楽器をやりたがる私だが、2キークラシカルオーボエを買う予定はない。

mysql4.0とmysql5.0の共存

2008年5月3日(土)

数日前にmysql3.23とmysql5.0の共存という記事を書いた。このサーバ、10日ほどmysql3.23とmysql5.0が共存していたが、若干の問題が発生し、mysql3.23のバージョンを上げてmysql4.0とmysql5.0を共存することにした。(いままでのmysql3.23は削除。)メモを兼ねて共存手順を書いておく。

インストールするmysql4.0のポート、ソケットは次のとおり。
ポート: 43306
ソケット: /tmp/mysql.sock4.0

1: /etc/my.cnf を5.0専用にする
/etc/my.cnf 修正
[mysqld] を  [mysqld-5.0] に変更しmysql再起動。

2: ソースインストール
ソースmysql-4.0.27.tar.gz は/tmp下にコピーしておく。
実行は新ユーザ mysql4 とする。

# useradd mysql4
# mkdir /usr/local/mysql4.0
# chown mysql4 /usr/local/mysql4.0

# cd /usr/local/src
# mkdir mysql-4.0.27
# chown mysql4 mysql-4.0.27
# su - mysql4
rootはここまで。

$ cd /usr/local/src
$ tar xvzf /tmp/mysql-4.0.27.tar.gz
$ cd mysql-4.0.27

$ ./configure –prefix=/usr/local/mysql4.0 –with-extra-chrasets=all –with-charset=ujis –with-pthread –with-named-thread-libs=-lpthread –disable-dependency-tracking –without-bench –without-debug –enable-assembler

$ make >make.log 2>makeErr.log

次のエラーとなる。

mysqld.cc:(.text+0×3911): undefined reference to `my_fast_mutexattr’
mysqld.o:mysqld.cc:(.text+0×3b35): more undefined references to `my_fast_mutexattr’ follow
collect2: ld returned 1 exit status

ある記事によれば

my_fast_mutexattrはmysys/my_thr_init.cに
以下のように定義されています。

#ifdef PTHREAD_ADAPTIVE_MUTEX_INITIALIZER_NP
pthread_mutexattr_t my_fast_mutexattr;
#endif

この定義を次のように変更したら、makeは成功しました。

//#ifdef PTHREAD_ADAPTIVE_MUTEX_INITIALIZER_NP
pthread_mutexattr_t my_fast_mutexattr;
//#endif

とあり確かにmakeは成功するが、ソースを見るとこれでは心配なので mysys/my_thr_init.cに

// ADD
#define PTHREAD_ADAPTIVE_MUTEX_INITIALIZER_NP 1

行を先頭付近に付加した。これでOK。

$ make install >install.log 2>installErr.log

インストールOK。

3: /etc/my.cnfに4.0専用記述を追加

[mysqld-4.0]
port=43306
basedir=/usr/local/mysql4.0
datadir=/usr/local/mysql4.0/var

4: DB初期化
ユーザ mysql4

$ cd /usr/local/src/mysql-4.0.27
$ scripts/mysql_install_db

5: mysqlデーモン開始
rootで実行。

# /usr/local/mysql4.0/bin/mysqld_safe –log-error=/var/log/mysql40.log –socket=/tmp/mysql.sock4.0 –pid-file=/usr/local/mysql4.0/var/mysqld40.pid –user=mysql4 &

6: mysqlコマンド接続
mysqlデータベース接続には次のどちらかで接続する。

$ /usr/local/mysql4.0/bin/mysql –port=43306 –socket=/tmp/mysql.sock4.0 -uroot mysql

または

$ /usr/local/mysql4.0/bin/mysql –port=43306 -h127.0.0.1 -uroot mysql

mysql4.0アクセスには/usr/local/mysql4.0/bin/下のコマンドを使用する。

以上でmysql4.0とmysql5.0は共存し、私のサーバにて正常に動作している。

 
サブタイトル カレンダー

 

2008 年 5 月
« 4 月   9 月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
秘書
サブタイトル profile

 

職業はソフトウェアエンジニア。趣味はバロックオーボエとモダンオーボエ演奏。このブログでは、Python・Go・Scala言語、そのWEBアプリケーションフレームワーク、そしてバロックオーボエ・クラシカルオーボエの話題を中心に書いて参ります。

サブタイトル 検索

 

サブタイトル 最近のトラックバック

 


QLOOK ANALYTICS